【小型レシプロソー】自然木、庭木、金属が手鋸のように切れる電動のこぎり【京セラ ASK-1001】

ASK-1001のアイキャッチ(レシプロ)

京セラ(旧RYOBI)の小型レシプロソーで庭木を切る記事です。

レシプロソーは手鋸に近い感覚で切れる電動工具で、自然木やパイプなどの棒状の物、金属や樹脂など、丸ノコには不向きな形状や素材でも切ることができます。

無段階でスピード調整できるので、金属切断ではディスクグラインダーのように火花を散らさず、ブレード(刃)を変えれば繊維やゴムなども切断可能で、ホルダーを追加するとジグソー刃やワイヤーブラシ、ヤスリが付けられるようになる等々、幅広い用途で使うことができます。

回転刃が多い『切断系』の電動工具としては、レシプロソーは扱いやすい部類ですが、固定が甘かったりブレードが適切でなかったりすると「思ったほど切れない」となるので、使うには多少のコツと注意が必要です。

目次

レシプロソーについて

レシプロソーとは、Reciprocating Saw(レシプロケイティング ソー)を略した日本での呼び方で『往復するノコギリ』という意味の通り、電動で手鋸のように刃を前後に突き引きして切ります。

名前はメーカーによってバラつきがあり、日本のHiKOKI、BOSCHジャパンでは『セーバーソー』、北米圏などでは『Sawzall(ソーザル)』とも呼ばれたりしますが、どれも同じ道具を指す名称です。

【SAWZALL】
本来はミルウォーキー社(米国)の商標ですが、レシプロソーは同社が1951年に世界で初めて発明した物なので、北米圏ではSawzallがレシプロソーの代名詞にもなっています。
参考:Milwaukee Electric Tool社「HISTORY OF MILWAUKEE」(英語)

大きく分けるとレシプロソーには

  1. 両手で使う大型タイプ(解体作業など)
  2. 手鋸のように片手で使える小型タイプ

の2種類があり、本記事は後者の小型タイプになります。

レシプロソーのメリット

  • 庭木やパイプなど円柱状の物でも安全に切断できる
  • ブレード交換で金属や様々な素材の物を切れる
  • ホルダーを付けえばジグソー刃やヤスリ、ブラシも付けられる
  • 回転式の刃ほど切粉が飛散しない
  • 金属切断ではグラインダーのように火花が散らない

レシプロソーの注意点

  • 引く時だけ切れるので、回転式の刃と比べると切断速度は遅め
  • 細枝などは固定が甘いと往復動作が吸収されて切りにくい
  • ブレードが適切でないと切れない場合がある
  • 刃が挟まれるとキックバックで本体ごと暴れる
  • ホルダーの固定や当て方が悪いとブレードが飛ぶことがある

ASK-1001の外観と各部

今回、庭木の剪定用に買ったのは、京セラ(旧RYOBI)製の小型レシプロソーです。

レシプロソー『ASK1001』の外装パッケージ
外装パッケージ

箱のサイズは、長さ415mm×高さ135mm×奥行90m(実測値)

側面は成人の手のひらよりやや小さいサイズなので、軽く手を広げた大きさ×奥に40cm程度の空きスペースがあれば箱ごと収納しておくことができます。

レシプロソー『ASK1001』の外装を開封した中身
中身と付属品

内容物は『本体』『ブレード2種』『説明書』。

商品画像では黄色が目立つ角度で少しオモチャっぽく見えますが、実際は黒の色面積が大きく、パッケージの印象よりも締まりのある色合いです。

コードの長さは2mなので、庭木を切るなら延長コードはほぼ必須でしょう。DIYモデル(赤)やプロ用モデル(黒)には、100V電源だけでなくバッテリータイプもあります。

付属品のブレード

ASK-1001の付属ブレード

標準で付属しているブレードです。

  1. 木工・樹脂用ブレード(No.68)
  2. 鉄工・ステンレス用ブレード(No.79)

刃は根本から一直線ではなく、材へ食い付くように装着部分からやや『ヘの字』に角度が付けられています。

2つめの白いブレードは『鉄工・ステンレス用』とありますが、軟金属、ダンボール、樹脂なども切れる汎用性が高い刃です。

京セラのレシプロソー『ASK1001』
付属品の木工・剪定用ブレードを装着

剪定用ブレードを取り付けた姿です。

庭木の剪定で後述しますが、刃の厚さは実測値で0.8mmとやや薄く、ピッチ(刃と刃の感覚)も剪定用としては細目寄りなので、枝を切った断面が付属品とは思えないほど綺麗でした。

ASK-1001に金属用ブレードを付けたところ
付属品の鉄工・ステンレス用ブレードを装着

同じく付属品の金属用ブレードです。

短い、というのが正直なところで、実際に切断できる有効幅(ワの字の金具から刃が付いている先端箇所まで)は、一番引っ込んだ状態で38mm、一番突き出た状態で48mmほどです。

厚めの金属板や小径の棒、ラックのパイプなどを切る程度であれば「取り回しが良い」とも言えますが、金属加工や解体も視野に入れている場合は、もう少し長い金属用ブレードを買った方が良いかもしれません。

TORIUTA

とはいえ、買い足しせずに色々な素材を切って試せるのは良いですね

ブレードホルダーと六角棒レンチ格納部

ASK-1001のブレードホルダーのボルト
ブレードホルダーの六角穴付きボルト

園芸モデルとDIYモデルの違いは、このブレードホルダーがツールレスかどうかです。

  • 園芸モデル(黄):ボルトで固定するタイプ
  • DIYモデル(赤):レバー式のツールレスタイプ

標準付属は上の通りですが、どちらも後から買って交換できるので、この2機種で迷った場合は「本体カラーの好み」や「ツールレスが欲しいかどうか」で選んで良いでしょう。

個人的にはツールレスでなくても十分ですが、竹用と枝木用などちょこちょこブレードを交換する場合や、茂みの中で刃の交換作業をする場合(落とすと見つけにくい場合)などは、ツールレスも選択肢に入れると良さそうです。

別売品のホルダーには以下のような物があります。

  • レシプロソー刃用(園芸用に付属)
  • ツールレス(DIY用に付属)
  • ジグソー刃用
  • ワイヤーブラシ/ヤスリ用
TORIUTA

手持ちのジグソー刃があれば流用できたり、窓開けやブラシ・ヤスリ掛けができるようになったりと、用途の幅が広がります

ASK-1001のホルダーを外したところ
ブレードホルダー(ボルト式)と本体の取り付け軸

ブレードホルダーの取り付けは、本体軸の凹部分にボルトが引っ掛かるように締め付けると脱落しなくなります。

ASK-1001のブレードホルダー部分
ブレードホルダー(六角穴付きボルト)の正面アップ

本体軸には溝が切られており、六角穴付きボルトを締めるとホルダー全体が上がって行き、ブレードを挟み込んで固定します。

ASK-1001の六角レンチ収納箇所1
六角棒レンチ収納箇所

ブレード交換に使う六角棒レンチは手元のガード部分に格納されています。

ここのおかげで交換時に道具を探さなくて良いので、ツールレスでなくてもさほど不便には感じません。

ASK-1001の六角レンチ収納箇所2
六角棒レンチを取り出したところ

六角棒レンチは作業時の振動で脱落する事もなく、しっかりしたホールド感で収まっています。

よくある一般的なL字型なので、仮に無くしてしまっても入手性に問題はないでしょう。

ロックボタン

ASK-1001のトリガーとロックボタン
丸いボタンはロックボタン

トリガーを引き続けていると腕が疲れてしまう場合は、真ん中のロックボタンを押し込めば電源ONのまま固定できます。(回転数100%のみ)

設計は右利き用になっていて、ロックボタンは本体の左側にだけ付いています。右利きなら片手でも親指で押しやすいのですが、左利きの方は押しにくいかも知れません。

左手でも「人差し指の付け根」で押して片手操作はできるものの、フル回転時に握り込むと意図せず押してしまう位置でもあるので、左利きの方はご参考まで。

重量と持ち心地

ASK-1001を持ったところ
手に持った大きさの参考

重量はブレード込みで1.2kgほどと軽く、重心バランスが良いのでしっくりと手に馴染む持ち心地です。

手がやや小さめな自分でも、グリップ感は良好で握りにくさはありません。今回、2.5mほどの高所で使ってみても、重さの負担はあまり気になりませんでした。

以前、海外版RYOBI(京セラとは別企業)の大型レシプロソーを持っていたのですが、両手で扱う大型の物と比べると取り回しが格段に楽です。

庭木を切る(剪定と芯止め)

切る木
長年木

高さをもう少し低くする為に、長年切って止めていた箇所より更に下の位置で幹を切ります。

まずは周辺の枝から下ろします。

瑞々しい枝の切断面1

画像では少し分かりづらいのですが、驚いたのは付属ブレードの切断面がとても美しいこと。

生木の瑞々しさが透けて現れていて、「堅い樹皮の中には水が通っている」という知識上では当たり前のことを、実感を持って改めて認識させられるような断面です。

枝なのに「果物の輪切りっぽい」というのが見た時の第一印象でした。

瑞々しい枝の切断面2
ヒメシャラの切り口

生木を切る剪定用の手鋸は、水分を含んだ切粉が詰まらないように刃が厚く、素早く切れるようにピッチも粗めであるのが一般的です。

「切る」というより「削り切る」に近く、表面はザラついて荒れた断面になるので、生木ならではの”しっとり感”や白さはあっても、ここまで透き通るような艶感として目にした事はありませんでした。

『木』というとゴツゴツした樹皮や、叩けばコンコンと鳴る乾燥した木材をイメージしますが、木に付く虫などにとっては、もっと新鮮で潤いのある果実や野菜に近いイメージで見えているのかな、と想像させられます。

切った木の断面

こちらは一番上の幹部分が結構な重量物で、下ろすのに少し苦労しました。

そのまま切り倒すと残しておく下の枝や植木を傷付けてしまうため、片手で押さえながらロープで吊りつつ、もう片手で『奥から』と『手前から』の2段階で切っています。

癒合剤を塗った切り口
切り口を整えて癒合剤を塗布

木にとって切り口は傷口なので、保護のために殺菌剤入りの癒合剤(塗り薬のようなもの)を塗っておきます。

芽吹きの季節になれば脇からブワっと芽が出てくるのだから強いものです。

切った枝と幹

今回のレシプロソーで切った幹や枝。
一部は余分な小枝を払って乾燥させ、自然な形を利用した小棚か何かを作ろうと考えています。

切ったコブ部分(13kg)

この幹の切り口はΦ100~110mm程度、重量は15kgほど。
本体スペックの数字を2倍以上オーバーしているので推奨はしませんが、切ることは可能です。

この太さになってくると、付属品の剪定用ブレード(0.8mm厚)だと木屑が排出し切れずに若干滑る感覚が出てきます。このブレードで生木を切る場合は、Φ80~100mm辺りが厳しくなってくるラインかな、という印象。

刃厚が1.2mm程度ある太枝用ブレードなどに換えるか、持っているならチェーンソーの方が良いと思います。

手鋸でこの辺りの太さを少量切る場合は、神沢精工の『SAMURAI』シリーズの剪定鋸が別格なのでおすすめです。ちょっとした丸太くらいでもザクザク切れてしまうので、手道具の概念が変わるかも知れません。

切った枝
切ってから2ヵ月ほど経過した枝

左2本が手鋸(SAMURAI)で切った枝で、右2本がレシプロソーで切った枝です。

太さは左から順に、おおよそ65~70mm、65mm、40mm、50mmで、体感的に付属ブレードで「丁度良い」と感じたのは大体40~60mm辺りの太さでした。

スペック表記は『庭木の切断能力:45mm』なので、やや控えめな数字と言えますが、想定しているのは大体この辺りの太さでしょうか。

TORIUTA

大まかなイメージとしては、親指と中指で『C』の形にしたくらいの太さ辺りが切りやすいです(個人差あり)

逆に、20mmに満たないような細枝はレシプロソーにはあまり向いていません。

可否で言えば切れますが、

  • 生木は乾燥材よりも”しなる”弾力性がある
  • 空中で固定しづらくレシプロソーの往復運動が吸収されやすい

ので、ノコ刃が引っ掛かってブルブルしているような状態になりやすく、手鋸よりもむしろ切りにくくなります。

レシプロソー1つで「全ての枝がサクサク切れる」と期待してしまうと肩透かしを食らうかもしれません。

TORIUTAの場合
  • 約30mm以下→手鋸か剪定バサミ
  • それ以上→レシプロソー

手道具も1つか2つ腰袋に入れて、合わせて使うのが良いと思います。

(余談)ブレードの摩耗について

使用後のブレード

ブレードに印字してあるメーカーロゴと型番は、今回の使用1回で消し飛びました。

切れ味まで落ちている訳ではないので実用性に問題はありませんが、若干気になったので補足的に書いておきます。

下の画像は、前後に動く往復動作の中でブレードが一番伸びている状態です。(45mmはメーカーによる庭木の切断能力値)

ブレードの摩耗部分
ブレードが摩耗する位置

レシプロソーは押さえ金具に当てて刃の根本で切るのが基本ですが、ブレードの装着部付近には

  • :金具の内に隠れて擦れない部分
  • :ストロークで内に隠れたり外に出たりする部分
  • :切る物が円柱状だと接触時間が短い部分

があり、実際には初めの刃から指1~2本分くらいの位置から摩耗します。

マキタ、HiKOKI、DeWALT、Milwaukee、BOSCHなどの主要メーカーは流石と言うべきか、この赤の部分にブレードの型番を寄せたり縦書にしたりして、刃の交換時期でも型番が残りやすい(同じ物を買いやすい)デザインで設計されています。

交換時にまず確認するのはメーカーと型番なので、消えやすい位置にある京セラのデザインは、個人的には「ちょっともったいない」ような気がします。

ASK-1001のスペック

ポイント
  • 園芸モデルとDIYモデルの基本スペックは同じ
  • DIY用はレバー式のツールレスホルダーが標準装備

園芸モデルでもツールレスのブレードホルダーを後から買って取り付け可能

モデルASK-1001
(園芸モデル)
ASK-1010
(DIYモデル)
切断能力庭木 (径)45mm45mm
木材 (厚)40mm40mm
塩ビパイプ (径)120mm記載なし
軟鋼材 (厚)3.5mm3.5mm
ストローク数0~4,500min-10~4,500min-1
ストローク量10mm10mm
電源単相100V単相100V
電圧2.0A2.0A
消費電力180W180W
質量1.2kg1.2kg
付属ブレードNo.68(木材・樹脂)No.68(木材・樹脂)
No.79(鉄工・ステンレス)No.79(鉄工・ステンレス)
ブレードホルダー六角レンチで締めるタイプツールレスタイプ
TORIUTA

ツールレスは便利そうですが、頻繁にブレード交換しない限り「買っておけば良かった…」と後悔するほどではないと思います

まとめ

今回、使ってみて特に印象的だったのは、付属ブレード(No.68)の切断面の美しさでした。

スペック上では庭木の切断能力は45mmとされていますが、40~80mm程度の枝なら問題なく切る事ができます。腕力だけに頼らない電動アシストが付いたノコギリのようなものなので、数が多いとやはり手鋸よりも腕の負担が減って楽になりました。

庭木を切る場合は手鋸とチェーンソーの中間、金属を切る場合は金切鋸とディスクグラインダーの中間くらいの切断力があり、ブレードやホルダー交換で用途を拡張することもできます。

木工ではあまり使われない電動工具だと思いますが、速度50%くらいまでは、丸ノコの静音モードより格段に静かで切粉もそれほど飛散しないので、ある程度の作業空間があれば室内でも使いやすい電動工具です。

この記事を書いた人

TORIUTAのアバター TORIUTA とある作家

金工、鋳金、木工、鉛筆画などで20年ほど色々制作しています。当ブログでは、本業では紹介する機会のないDIYやモノ作りに役立ちそうな情報、自分が知りたかったこと、道具にまつわる体験談などを書き連ねて行きます。

アイコンはTORIUTAの名前の由来となったヒガラ(手描き)です。

目次